MENU

クオリティ

次代の都市生活を、
確かな快適と安心で支える、
先進の住品質。

住み始めた時から、その先の長い暮らしまで、
ずっと心地よくあること。
時代の一歩先を見つめ、細部にまでこだわった
クオリティを追求しています。

STRUCTURE

地震にも強い、
堅牢な基礎・建物構造。

いざという時の地震や災害を想定して、
綿密な基礎・建物構造を追求。
大切な住まいと暮らしを
いつまでも心強く支え続けます。

  • 概念図

    直接基礎

    建物下の地盤全体に鉄筋を配し、そこにコンクリートを流し込む直接基礎構造を採用。面全体で建物を支える構造で、地震に強く、建物の強度と耐久性を高めます。

  • image

    地盤調査

    敷地内の数カ所にて、ボーリング調査をおこないました。建物を支える基礎は、調査結果と建物総重量から検討をおこない、十分強度が保たれると判断しました。

  • 概念図

    溶接閉鎖形帯筋

    鉄筋コンクリート柱の帯筋には、せん断補強筋として溶接閉鎖形帯筋を採用。コンクリートの拘束効果を高め、柱の地震に対する抵抗力・粘り強さの向上を図りました。

  • 概念図

    ダブル配筋

    戸境壁や外壁および床スラブには、粘り強さの向上を図るため、鉄筋を2列配置するダブル配筋を採用しました。

  • 概念図

    開口補強筋

    窓などの開口部には地震等で発生する力が集中しやすいため、他の部位よりひび割れが発生する可能性が高くなります。開口部の角に補強筋を配し、ひび割れを起きにくくします。

  • 概念図

    耐震スリット

    非構造壁に隙間を設け、地震時に柱や梁に余分な力をかけることなくスリット周辺に軽微なひび割れを誘発し、非構造壁自体が大きな被害を受けるのを防いでいます。

  • 概念図

    全フロアで外部機関が躯体検査を実施

    全フロアで外部機関が躯体検査を実施しています。住宅性能評価機関と確認審査機関、第三者による現場検査によって全層の検査をおこなっています。

    概念図

  • 概念図

    水セメント比

    コンリートを作るときの水セメント比を50%以下としました。コンクリートの中性化が早まり耐久性の劣化を招くことを防ぎます。

  • 概念図

    コンクリート強度 約3,000t/㎡

    コンクリート設計基準強度は1㎡あたり約3,000tの圧縮に耐える30N/m㎡以上のものを採用しています。

  • 概念図

    鉄筋のかぶり厚さ

    コンクリートの中性化が内部の鉄筋まで達するまでの時間を少しでも確保するために鉄筋を包むコンクリートかぶり厚を厚くしました。※1

  • 概念図

    ひび割れ誘発目地(妻側はCCB工法を採用)

    温度変化による乾燥収縮によって生じるコンクリートのひび割れで、建物が美観をそこなわないように配慮しています。

  • 概念図

    二重天井

    上下階の遮音性を高めるだけでなく、将来のメンテナンスやリフォームにも対応しやすい二重天井構造を採用しています。

  • 概念図

    コンクリート厚(外壁・戸境壁)

    外壁のコンクリート厚は約160mm以上を確保し、戸境壁は厚さ約180mmを確保。より確かな静寂性と安全性をもたらします。

  • 概念図

    居住空間を断熱材で包み込む設計

    外壁をはじめ、熱が伝わりやすい屋上スラブ上や最下層のスラブ下にも十分な厚さの断熱材を採用しています。

  • 住宅性能評価取得

    住宅の品質確保の促進等に関する法律に基づき、国土交通大臣指定の評価機関で設計性能評価と建設性能評価を取得します。

※1.鉄筋を包むコンクリートの厚さはJASS5(建築工事標準仕様書/日本建築学会編)で定められた必要最小限のかぶり厚さの基準以上としています。
※掲載の室内写真はAタイプモデルルームを撮影(2021年4月)したものに、一部CG加工を施したもので、方位を含め実際とは異なります。家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。また、⾊や形状は住⼾によって異なります。※一部オプションが含まれています。※掲載の概念図はイメージであり、実際とは異なります。

トップへ戻る