MENU

デザイン

エントランスホール完成予想CG

横浜の次代につなぐ、
美しき結節点となるデザインを。

歴史、未来、都市、自然、あらゆるものの結節点として、人々の憧れを集め続ける「横浜」。
その美しく印象的なレジデンスそのものが、
次代を担う横浜の新しい住力となる。

外観完成予想CG

横浜ならではの時間や文化を、
一つのレジデンスに集約する

横浜の歴史と未来、
都市と自然が交じり合う場所だからこそ、
求めたのは次世代の結節点を担う
新しいレジデンスの風景。
街の景観としてもバランス良く美しく見える
シンメトリーな美しいファサードを構築し、
世界が注目する国際的都市・横浜にふさわしい、
洗練と安らぎ、モダンとナチュラルを融合した、
新しい時代の感性を意識したデザインを
追求しています。

マテリアルイメージ

都市景観に自然の温もりを
融合させたマテリアル。

外観ファサードを構成するのは、
質感豊かなタイルとカラーガラス。
さらに自然の温もりを感じさせる
木調のマテリアルも組み合わせ、
モダンとナチュラルを融合した新たな景観を演出します。

圧倒的な開放感が誘う迎賓の空間。
高さ4mを超える吹き抜けを実現した
エントランスホール。

住まう方はもちろん、訪れる方も優雅に迎える
エントランスは、高さ4mを超える吹き抜けを
贅沢にデザインした迎賓の空間。
モダンなブラック枠を組み合わせたガラスウォールと、
天井までの高さがある天然木のルーバーが
温かみを演出。
美しく洗練された空間を、優しい光柱やルーバーの
間接照明が包み込み、
上質な安らぎのひとときを醸し出します。

エントランスホール完成予想CG

2層吹き抜けの優雅なエントランスと、
街の景観向上に貢献する
グリーンベルトを実現。

建物の顔となるメインエントランスは、
レジデンスを格調高く演出する2層吹き抜けにより贅沢な開放感を演出。
さらに沿道に潤いをもたらし、住まう方を
暖かく迎えるグリーンベルトを配しながら、
周囲の景観を意識した計画を追求しています。

街と通りに連鎖する、緑の潤い。

植栽計画では、地域性を配慮して常緑樹を中心にした、高木と低木、地被類を織り交ぜた多種多様な木々や花を導入。
いつの季節も自然を感じられる景観を形成し、鮮やかな花や清々しいグリーンによって、周囲の街並みに潤いをもたらします。

  • シマトネリコ

    シマトネリコ

  • ソヨゴ

    ソヨゴ

  • ヒメユズリハ

    ヒメユズリハ

  • フイリサカキ

    フイリサカキ

  • トウネズミモチトリカラー

    トウネズミモチトリカラー

  • マホニアコンフューサ

    マホニアコンフューサ

  • ブルーカーペット

    ブルーカーペット

  • サントリナ

    サントリナ

  • ローズマリー

    ローズマリー

  • タマシダ

    タマシダ

  • アガパンサス

    アガパンサス

福田 健也氏

魅力あふれる横浜だからこそ、
次世代の象徴となるデザインを。

本プロジェクトは、横浜の歴史や文化を背負いながら、前面には新しい街・未来の都市が広がる、 文化的・時間的なもの、いわば過去と未来の結節点となるロケーションに誕生します。 まさに横浜の中心ともいうべき地だからこそ、建築のモチーフにも様々な要素を凝縮しました。 次世代の横浜を謳歌する新たなレジデンスとして、美しく力強い存在感を放つレジデンスを追求しています。

福田 健也氏

株式会社インタープラン・デザインセンター
代表取締役 福田 健也

テーマパークやリゾート開発などの設計を経て、1993年株式会社インタープラン・デザインセンターを設立。Landスケープを中心に、 大手ディベロッパーのマンションを多数デザイン監修。旧建設省建設大学で講師等を努め、著作も多数。

トップへ戻る